9bfefde0-s




1: 名無し@ノート 19/05/11(土)13:49:12
連休中にたくさん写真撮ってきたから見てほしい

元スレ: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1557550152/






405: 名無し@ノート 19/05/13(月)22:22:40
5日目 世界で一番美しい修道院図書館
no title

406: 名無し@ノート 19/05/13(月)22:26:21
旅行の話に入る前に…
寝台列車で横になったことはある人はいるだろうか。
自分も両手で数えられるくらいしか乗ったことがないので偉そうなことは言えないのだが、
ユーロナイト、ナイトジェットに限って言えば決して寝心地はよくない。
いやむしろ悪い。
ヨーロッパの鉄道は動力分散型ではなく客車運用が多く、
日本の鉄道に比べて加減速が激しいので、横になっているだけで体が前後に揺らされる。
またカーブを通過する場合は傾斜になっていることもあり、頭もしくは脚に重力がかかってくる。
さらに、途中の駅で増連結や切り離しをするため、その衝撃が深夜2時、3時に客車に伝わってくる。変な時間に目が覚める。
とにかく揺れるのである。

自分のような乗り鉄だったらそういう不都合もアトラクションの一つとして楽しめるのだが、
鉄道の旅に理解のない人だったら揺れるわ、酔うわ、寝られんわ、狭いわ、高いわ、臭いわで不愉快極まりないと思う。
もし自分の書き込みをみて夜行寝台列車に興味を持ったという特異な人がいたとしたら、
そういう現実も踏まえて楽しんでもらえたらと思う。

407: 名無し@ノート 19/05/13(月)22:27:51
目覚めたらオーストリアにいた。
no title

408: 名無し@ノート 19/05/13(月)22:28:36
客車の端の窓からバイクや車が見える
no title

409: 名無し@ノート 19/05/13(月)22:30:52
これから向かうのはオーストリアのリンツというオーストリア3位の都市。
ウィーンとザルツブルクもっといえばミュンヘンとの間にある都市で、
交通の要衝として栄えた街だ。

ただ、この街にはあまり用事がない。
ここを起点に一泊二日の観光をする。
no title

410: 名無し@ノート 19/05/13(月)22:31:34
リンツ中央駅に到着。
寝台列車はこのままウィーンに向かう。
相部屋のドイツ人紳士がGood bye!と挨拶してくれた。朝6時半だというのに。
自分が起こしてしまったのかもしれない。申し訳ないと思いながら自分もGood bye! と行って別れた。
no title

411: 名無し@ノート 19/05/13(月)22:34:57
リンツ駅はすっきりしていて綺麗でコンパクトにまとまった駅だった。

駅のコインロッカーにキャリーケースを預け、次の目的地に向かう。
こちらのコインロッカーは硬貨のみを受け付けていた。
no title

412: 名無し@ノート 19/05/13(月)22:36:55
タウルスが洗浄中だった。
駅でやるんだ…
no title

413: 名無し@ノート 19/05/13(月)22:37:36
チケットをOBB(オーストリア国鉄)のアプリで購入し、電車に乗り込む。
no title

414: 名無し@ノート 19/05/13(月)22:38:38
鉄道内には電源プラグがあったり、
広くて綺麗なトイレがあったりwifiがあったり、
至れり尽くせりだった。座席もおしゃれで綺麗だ。

あとで気づいたが、これが生まれて初めて海外のローカル線に乗る経験だった。
no title

no title

415: 名無し@ノート 19/05/13(月)22:39:25
車窓からの風景。
ああこれだけでお腹いっぱい。
幸せ…ビールか赤ワイン欲しい…。
no title

416: 名無し@ノート 19/05/13(月)22:44:51
リンツから2時間弱、アルトニング(Adrning)駅に到着。
こういう風景ってスイスの専売特許だと思ってたけど、オーストリアにもあったんだ。
no title

no title

417: 名無し@ノート 19/05/13(月)22:47:08
バスが来るまで20分弱の待ち時間があるので、暇つぶしに写真をとる。
周りには何もない。
人も歩いていない。
ただそこには小鳥のさえずりが響き、新緑の原っぱが広がっていた。
no title

no title

418: 名無し@ノート 19/05/13(月)22:49:53
バスがやってきた。
過去、オランダの田舎のバス停にて、待っているのに無視されて追いかけて2つ先のバス停まで走って先回りした経験がある自分はしっかり手を振って「ここにいるよ!」というアピールをしてバスに乗車した。
(後ほど知ったがヨーロッパの地方では何もアピールをしなくても止まってくれるバス運転手は優しい部類にはいるそうだ)
no title

419: 名無し@ノート 19/05/13(月)22:51:25
バスの乗車料金は2.4ユーロ。これもOBBのアプリで精算できる。
バスからの風景。
no title

420: 名無し@ノート 19/05/13(月)22:57:30
20分ほどして目的地に到着。アドモント(Admont)という小さな町。
目的はここの修道院図書館だった。

人通りは少なく、たまに自動車が通り過ぎるくらい。
10時の開場とともに目的地の図書館に入館する。
no title

421: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:02:37
廊下を進み、学芸員さんが重い木の扉を開いてくれる。



アドモント修道院図書館。
圧巻だった。こんなに美しい図書館、建築物は見たことがなかった。
no title

491: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:40:51
>>421
これ凄い
めっちゃ綺麗

424: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:08:25
写真、彩度あげてる? 緑が凄く発色いいね

フローラ(植物相)が違うせいか、やっぱり何かいつも見てる風景と趣が違うね

427: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:16:24
>>424
結構いじった
no title

429: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:27:06
帰りのバスまで時間がなかったので、修道院に向かった。
他にも展示物はあったのだが時間の都合上見られなかった。
ノートルダム寺院みたいなことがなければまた来られるだろう。
no title

430: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:30:13
アドモントでの滞在時間は3時間にも満たなかった。
アルトニング行きのバスに乗る。

日本とは電柱の多さが違う。
no title

435: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:38:12
アルトニングについた。
バスの運転手さんが「駅は降りて左に150m行った先だからな!ヤーパン!」と教えてくれる。
ダンケシェ!と言ってバスを降りた。
no title

447: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:54:07
>>435
なんかハイジのビジュアルだ

436: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:39:24
さて、電車に乗るとはいっても電車は90分後じゃないと来ないという現実が襲いかかる。

暇である。
no title

437: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:40:45
小規模ながらスーパーがあるようなので寄ってみたら、
つい5分前に閉まっていた。

…真夏だったら熱中症で死んでいたかもしれない。
no title

438: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:41:34
放し飼いの鶏を見て過ごした。
no title

439: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:42:53
あんまり撮り鉄っぽいことしたことないんだけど、
この写真結構よくない?
no title

440: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:43:40
ここからリンツ…ではなく途中のクレムスミュンスターという村に向かう。

ここでこの旅行最大のやらかしをしてしまう。

441: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:46:05
車窓の風景
no title

442: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:48:19
先に言っておくとクレムスミュンスターにある修道院にもアドモントに比べたら見劣りするが、確かに美しい修道院図書館が存在する。

クレミスミュンスター駅は小さい。
山口駅より小さい。
no title

443: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:49:07
のどかな街。

あの丘にある教会に向かう。
no title

no title

no title

444: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:50:14
坂!

GoogleMapをみていただけでは気づかなかった傾斜が両足腰にくる。
no title

445: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:51:43
ようやく着いた。
この時点で汗だく。
でも憧れの図書館の一つを見るためなら、この程度の披露には耐えられる。
no title

446: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:52:31
立派な教会
no title

448: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:54:23
ところで図書館への入口がわからない。
no title

449: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:56:01
そーっとドアノブに力をかけてみると
”開かない…カギがかかっているようだ…”
と脳内でナレーションが入るようでちょっとテンションが上がった。
看板が出ていないのでどのドアが開放されているのか分からない。

5戸分試したところでようやく開くドアを見つけ、さらに中庭に繋がるドアを見つけた。
RPGっぽい展開だ。
no title

450: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:56:18
いっちみたいに海外旅できるやつ本当尊敬するわ
コミュ力や行動力あるんやろな
ワイ泣いてやっぱり外人怖いって思ってまう

453: 名無し@ノート 19/05/13(月)23:59:07
>>450
コミュ力はあまりないよ。電車乗って写真撮って酒のんで寝てるだけだし。
ただもう出国したら帰りの便まで引き返せないから、
無理くり勇気出してる面は大いにある

455: 名無し@ノート 19/05/14(火)00:02:05
ただここのドアは開かない。
ふと、横の注意書きを見ると
”係員不在時は隣の受話器を使って、下記の番号に内線してください。●●係:XXX番 ▲▲係:XXX番 …”と書いてある看板があり受話器があった。
流石に内線をかける度胸はなく、かと言ってここまできて諦める気は毛頭なく、
しばらくぶらぶらしているとインフォメーションセンターを見つけた。そこのおばちゃんに話を聞いた。

「図書室にはどうやったら行けるんですか?」
「あら、今日のガイドツアーは終わったわよ。また明日の10時にいらっしゃい」
「えーっ、そうなんですか!?」

事前の確認が足らなかった。

456: 名無し@ノート 19/05/14(火)00:03:14
もしここに寄らないとしたらアドモント修道院博物館を1日かけてゆっくり見学できたかもしれない。
アルトニング駅で無駄に90分も過ごさないでよかったかもしれない。
ここまで来るのに坂を登らなくてよかったかもしれない。
今回の旅行で初めて後悔をした。
自分っていつも大事なところで詰めが甘いんだよな、と自己嫌悪に陥った。

明日は明日で予定があるので、仕方がなく撮ってきたのがこのパネルの写真である
no title

457: 名無し@ノート 19/05/14(火)00:04:28
クレムスミュンスター駅まで戻ってきた。

なんかもう疲れた。
no title

no title

458: 名無し@ノート 19/05/14(火)00:06:07
ほどなくてリンツに戻ってきた。

キャリーケースを受け取り、ホテルまで向かう。

リンツは中東系の顔つきをした人が多く見受けられた。
no title

no title

no title

459: 名無し@ノート 19/05/14(火)00:09:08
回転すしのことは英語でランニング・スシというようだ。
no title

460: 名無し@ノート 19/05/14(火)00:10:48
ホテルについた。
3階(ヨーロッパ式でいうと2階)なのにエレベーターがないのがアレだが、
その分料金が安い。
no title

no title

461: 名無し@ノート 19/05/14(火)00:11:28
近所のスーパーでビールとサラミを買ってきて、
良き思い出と苦い思い出の両方に浸りながら寝た。

令和初日早々、自分という人間のダメなところを思い知った。

469: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:16:46
6日目 新緑のザルツブルク

この旅行で一番長く寝た。
昨晩は夜8時頃にビールを飲み、ふかふかのベッドで倒れるように寝た。
いくら寝台列車にロマンがあるとはいえ、快適な睡眠環境ではないことは確かなので、
蓄積した疲労を癒したいと身体が暗に悲鳴を上げていたのだろう。
朝8時過ぎに起き、バイキングのキャンプのコントを観て二度寝した。

その結果、朝食を食べそびれた。
no title

470: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:17:57
荷物をまとめてリンツ駅まで向かった。

リンツにはトラムやトロリーバスが走っている
no title

471: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:18:04
no title

472: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:18:48
適当に撮り鉄
no title

475: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:21:27
リンツ中央駅バスターミナル

鳩の糞だらけでくしゃみがとまらない
no title

476: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:23:55
バスのチケットは相変わらずOBBのアプリで精算できる。
日本のバスもアプリ一つで決済できるようになったら、
いちいち先頭まで行って千円札を両替、チャージしなくて済むのに。
suica1枚で決済させてほしい。

30分ほどで目的地のSt.Florian ザンクトフロリアン(聖フロリアン) に到着。
no title

477: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:24:40
ここにあるザンクトフロリアン修道院にも図書館がある。
ご存知の人もいるかもしれないが、ここはあの作曲家ブルックナーと非常に縁がある場所である。
といっても自分はそれほど詳しくないのだけれど。

到着と同時に修道院の鐘が鳴った。
no title

478: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:26:01
…5分ほど鐘が鳴り響いていた。
no title

480: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:26:25
中庭
植木の手入れが行き届いている
no title

482: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:29:52
宗教施設内なのに酒を提供しているのに驚いた。
しかし、よくよく考えるとそもそも教会内でワインを作ったり、
日本でもお神酒を振舞ったりすることはあったなと納得した。
no title

483: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:30:30
ここの右手に会った売店兼案内所でガイドツアーの申し込みをした。
no title

484: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:32:37
ここのスタッフさんは皆とても親切で拙い自分の英語に対して、
ゆっくり丁寧な英語を話してくれて、自分の言わんとしていることを汲み取ろうとしてくれた。
今でも顔を覚えているくらい感動した。

一人で海外旅行をしていると、現地人に「お前の話す英語がワカラン」と呆れられたり、
差別的な意味を込めてバカにされたり、
また現地で出会う日本人であっても「私は外国語が流暢だからお前より偉いんだおばさん」にマウントを取られたりすることがある。
そうした経験を経て英会話コンプレックスを抱えていたのだが(上達するほど努力しない自分も愚かなのだが)、
このような真心こもった態度で接してくれる人がいるということに気づけたのはこの旅最大の収穫だった。
no title

486: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:34:52
余談だが、過去自分に言語でマウントとってくる日本人はポカホンタスみたいな人か、金持ちおばさんが多かった。

488: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:36:02
ガイドツアーには自分含め、13名ほどの人数が参加した。
no title

492: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:41:05
※ガイドツアーとは
 宗教施設、美術館、博物館などは基本的に他国の信者や観光客を歓迎しているが、
訪れる観光客数が多すぎると安全管理上の問題に発展しかねないため、
特定の区域を公式・公認ガイドなしに観覧できない、ガイドツアー専用区域に設定している。
 5日目のクレムスミュンスター教会や、2日目のストックホルム市庁舎、
そしてここザンクトフロリアン教会も図書室等をガイドツアーのみでの観覧に制限している。
 一方、アドモント修道院は個人が個人のペースで館内を巡ってよい。
 ガイドツアーの方がガイドさんが館内の様々な説明をしてくれるので(現地語だけでなく英語で解説してくれたり、英語のオーディオガイドがあったりする)、純粋な観光で訪れるならば是非ともガイドツアーに申し込んだ方がよい。
 ただしガイドツアーが開催される時間は決まっているので、事前に公式webページを確認したり、メールで問い合わせをした方が間違いがない。簡単な英文メールが読み書きできれば、向こうも親切に教えてくれる…はず。

494: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:50:15
寝台列車のカードキー(?)の写真
no title

495: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:51:09
ガイドツアーで英語のオーディオガイドを持っているのは自分だけだった。
他は皆ドイツ語がわかる人だった。

たまたま有線イヤホンを持っていたためそれを機器に繋げて英語の解説を聞いていた。
あまりよくわからなかったが。

496: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:52:08
門を開けて階段を登るとすぐにお目当の図書館だった。

ザンクトフロリアン修道院図書館
no title

507: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:07:35
>>496
ここは今も図書館として機能してるん?

509: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:31:00
>>507
一般の人は本には触れないけど
本棚に収蔵されている本はマジもん

511: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:33:16
>>509
なるほど、せやろなぁ
しかし本が日焼けしないか心配になる採光やな

513: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:38:19
>>511
背表紙は日焼けしても中は平気だからいいんじゃないかな?
あと写真取るとき露出は上げてるから実際より明るく撮れてる

498: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:57:17
「君、なにか気になるところはないかい?」
「あの一階と二階にある隠し扉はなんですか?」
「この部屋には二階があるだろう?でも外に階段はないんだ。あそこの隠し扉を開けると奥には階段があってそれで二階の本が取りに行けるようになっているんだ」
「ほほー」
no title

499: 名無し@ノート 19/05/17(金)21:58:25
このガイドさんも案内所の女性に匹敵するくらい親切で、自分にだけ英語で色々説明してくれた。
既にオーディオガイドで予習済み(?)だったので、割と簡単に理解できた。

「教会にあるステンドグラスに書かれた絵は、昔は文字が読めない平民のためにイエス様がどれほどの苦難を味わいそして民を救済してくださったのかを聖職者が解説するときに使ったんだ」とか解説してくれた。

500: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:00:07
次の部屋
プリンツ・オイゲンがトルコ(当時のオスマントルコ)をやっつけている様子描かれたフレスコ画が特徴的。
そういやウィーン包囲とかあったね。

聞き間違いでなければ、ここで結婚式を挙げることもできるそうだ。
no title

no title

501: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:01:02
修道院の中
素晴らしいバロック建築
no title

502: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:01:43
ブルックナーゆかりのパイプオルガン
この地下に殉職者の棺桶があり、パイプオルガンの真下にはブルックナーの棺桶があった。死してなおパイプオルガンの音色を聞いていたいという願いを叶えるためだそうだ。
近くには無数の頭蓋骨などの人骨が安置されていたので写真を撮る気にはなれなかった。
no title

503: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:02:48
また同じガイドツアー客の中にこの地下に親族(殉職者もしくは聖人)が眠っているというおじいさんがいた。
おじいさん何者…?
no title

504: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:04:09
1時間20分程度の濃密なツアーを終え、バスでリンツに戻る。
no title

505: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:05:10
新聞はここに60セント(約100円)入れて購入するようだ。
no title

512: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:37:10
リンツ中央駅に到着。


これからモーツァルトや音楽祭で有名なザルツブルクに向かう。
電車で向かうにはOBBに乗るか、westbahnに乗るの2通りの方法があった。

westbahnの方が、安いのだが、せっかくだしドレミファインバーターのOBBタウルスに乗った。
no title

517: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:41:36
こんな陳列があるんだと知ったリンツ駅のスーパー SPAR
no title

518: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:42:24
ヴェニスは実際行くときったないのにびっくりするからな
運河とか落ちたらヤバイなって色しとるし
まぁそれでも好きやけどね!

520: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:43:06
>>518
匂いがね…

519: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:42:45
レイルジェットの車内
快適でした
no title

521: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:45:50
日本ではあまりないが、同じ線路を使って複数の会社が列車を運行しているので、
その運行会社の切符を購入せずに乗ると罰金が取られる。
罰金の金額は自分が噂などで聞く限り日本とは比べ物にならないほど高く容赦ないそうだ。
改札がないからといえ切符は適切に正直に買おう。

522: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:47:33
車窓からの風景がとても美しい。
no title

no title

523: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:48:21
ザルツブルクに到着。
ザルツ=塩、ブルク=砦という意味で、地下に存在する豊富な岩塩とそれを元に得られる税金で成り立ったそう。
こちらもリンツと同様にミュンヘンとウィーンの間にある交通の要衝として栄えた街。
モーツァルト生誕の地としても有名。
no title

524: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:48:24
no title

526: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:49:18
駅は綺麗だけど相変わらず駅前は喫煙者が多く(駅構内が禁煙のため外で吸う)、
タバコ臭い。
no title

528: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:52:02
ホテルの人はとても優しかった。

そういえばザルツブルクはサウンドオブミュージックの舞台だったか。
no title

no title

no title

529: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:54:31
ザルツブルクの観光地はコンパクトにまとまっていて、半日でも十分だった。

ザルツブルクはミュンヘンから1時間程度で来れることもあって、
数多くの日本人に遭遇した。
海外旅行だというのに多くの日本人がいると、"海外感"が薄れてしまい、TDLやハウステンボス、スペイン村にいるような気がしてしまう。
なるべく目を合わせないようにしていた。
(翌日はもっと多くの日本人と出くわすのだが…)

そういえばこのGW中ハワイ行きの航空券は売り切れ続出だったらしいが、
もはやハワイはハワイ県だったのではないだろうか。
no title

no title

530: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:55:31
ミラベル庭園から見たホーエンザルツブルク城
no title

531: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:56:45
いくつか違うアングル、噴水手前から
no title

no title

532: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:58:19
モーツァルト橋のおびただしい数の南京錠
no title

533: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:58:58
モーツァルトの生家
いかにもな観光スポット感
一階はスーパー
no title

534: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:59:33
ゲトライデカッセ通り
no title

535: 名無し@ノート 19/05/17(金)22:59:53
レジデンツ広場
no title

536: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:00:40
ザルツブルク大聖堂
no title

no title

537: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:01:19
カピテルプラッツから
この金玉はなんなんだ…?
no title

538: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:02:19
ケーブルカーでも砦には登れるけど、あえて徒歩でホーエンザルツブルク城を登った。
睡眠時間をしっかりとったしバスや鉄道での移動も多かったので脚はもう平気だった。

まあまあきつい傾斜。
no title

539: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:02:54
ザ・砦という造りをしている。
no title

540: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:03:36
砦の窓(?)から見下ろしたザルツブルク市街の風景
no title

541: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:04:11
砦から見下ろした風景

この川を(ザルツァハ川)から産出された岩塩を輸送していたそうだ。
no title

542: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:05:58
砦内にあるレストランのオープンテラスから見た風景
この風景がザルツブルクで見た一番美しい風景だった
no title

543: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:06:37
ビールを頼んだら何も言わなくても大きいサイズのジョッキが
no title

545: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:07:39
例のあの猫
no title

547: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:09:38
何気なしにビールを飲んでいたら自分一人では到底食べられない量の料理が盛られた皿が自分の机の上に置かれた。
呆気にとられ、数秒のフリーズの後、皿を持ってウェイターに「自分じゃないよ!」と言って返しに行った。
3、4人前のオードブルなんか食べられないよ。
ウェイターも事前に確認してほしい。そんなデブじゃないよ。

548: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:10:09
降りてきた。
ウーバーイーツみたいなもんだろう。
no title

549: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:10:42
もうすぐ日が暮れる。
no title

550: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:11:43
信州そばかな?
no title

552: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:13:43
>>550
期待して入ると冷やし中華出てきてズコーッってなる展開

555: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:15:20
>>552
日本人もスペイン人とポルトガル人の違い分からないししょうがないね

551: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:12:47
晩御飯を適当に済ませ、シャワーを浴び、夜景撮影に出かける。
ザルツブルクの治安は割とよかった。

ザルツブルク中央駅
no title

553: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:13:58
喫煙所ってインフラなのか!?
no title

558: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:16:47
>>553
これはOBB-Infrastrukturっていう鉄道インフラ会社提供って意味やな

560: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:18:49
>>558
そういうことか、ありがとう。
駅構内でタバコ吸うなって言ってる会社が駅構外での喫煙の機会を提供してるのかって驚いちゃったよ

556: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:15:51
噴水の前で遊んでみた。
no title

557: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:16:35
ホーエンザルツブルク城
no title

562: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:19:53
小ネタ
ホテルのエレベーターの昇降ボタン
真ん中はボタンではない。
no title

563: 名無し@ノート 19/05/17(金)23:20:24
6日目はこれで終わり。
翌日は令和初めてのドイツ観光。
日本人が大好きなノイシュヴァインシュタイン城に向かう。





※おすすめ記事

【悲報】指原莉乃さん(26)とかいう元アイドルwwwwwwwww(※画像あり)

メルカリ出品者「開封済みですが、未使用です!」

【悲報】お笑い第7世代の新BIG3、勝手に決められるwwww

【悲報】HUAWEI、シェアが一週間で三分の一に激減www

【画像】アラフォーアイドルが始動開始!お前ら誰推しでいくよ?

虫歯治療の途中で歯医者ばっくれてしまったwwwwwww